FC2ブログ

Azaleaのゆるーいお話

お気楽主婦のお気楽な日々の日記。セレブではないけど、日々つつましく、時に大胆にすごす人生の一部分をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

山形・福島への旅(その4)

喜多方市を出て、福島市に行くには、北上して米沢経由で行く方法もありましたが、
山越えになるし、米沢を経由すると単純往復になってしまうし、迷っていたところ、
ナビはあっさり会津若松経由の経路を示したので、会津若松市を通ることにしました。

またまた、車中でうとうとしていて、
気付くと、郊外の日新館という場所でした。
昔の会津藩の藩校(武士の子供が通う学校)です。
会津若松市内は、夫も私も過去に行ったことがあるので、
今回は市内は通らなかったものの、夫の希望で寄ったようです。

日新館は、江戸の幕末に、白虎隊が結成されたときの舞台となった場所です。
ものすごい仕掛けの展示などはなく、
昔の藩校が広い敷地ごと復元されていました。
ちょっと不気味な人形もあるあたり、ごく普通の地方の博物館といった感じです。


朝10時を回ったというのに、ちっとも気温はあがらず、
暖房が必要なくらい寒かったです。
観光客はまばらでしたが、駐車場は、ほぼ満車に近い状態。
何事かと思うと、真ん中の講堂のようなところで、
地元の小学生の行事で、「半成人式」というのをやっていました。
式の名のとおり、10歳になったら行う行事のようです。
(その模様は、こちら。)

私たち夫婦の出身地では、どちらもそんな風習がないので、
何のことやら、サッパリ分かりませんでしたが、
「10歳になったね、おめでとう!」
ではなくて、
「10歳になったら、もう半分大人だから、賢く、立派な人を目指そうね」
的なものらしいです。
(実際に、昔は、ここの藩校に、10歳になったら、入学したそうな。)

とはいえ、まだ10歳なので、子どもたちより、
後ろに控えている父兄のほうが、張り切っている感が、無きにしも非ず。


一通りぐるっと回って、最後に売店に行くと、
おまんじゅうが軽く蒸してあったので、ぬくもりにひかれ、
即決で買うと、お店のほうで、暖かいほうじ茶も出してくれました。

他にお客さんもいなくて、そのお店の女性と、
「先週まで、こちらも、真夏みたいに暑かったのに、
いきなり寒くなってしまってね」
「そうなんですか」的な世間話を5分ほどし、
他にも、甘露煮や佃煮などの試食をさせてもらいました。
夫は試食とは全く別の、会社へのお土産の御菓子などを
買っていましたが。

体も少し温まったので、高速に乗って福島へと向かいました。
1時間半ほどで、福島飯坂インターに到着、一般道に下りてから、
買い物によりました。
寒いだけでなく、雨も降ったりやんだりで、屋外にいるのは大変だろうと、
雨合羽を仕込んでいったのです。

果樹園には15分ほどで着きましたが、そこで残念な知らせが。
なんと、モモ狩りは、連休の前半で、終わってしまっていたのです。
お土産用のモモは用意できるが、9月も下旬に入ると、シーズン終盤なので、
自由に取って食べるほどおいしいものは、終わってしまったのだそう。
その日は、ナシとブドウ狩りだけでした。

電話をかければ済む話だったと、悔やんでも遅く、
試食させてもらったのがなかなか美味しかったので、
化粧箱に詰めてもらった、6個いりを1箱買って、帰りました。

近所のモモ園も、ほぼ状況は同じ。
雨脚もひどくなったので、帰路につくことにしました。
喜多方からは100キロは離れているのに、
お土産だけしか買えず、退却したのは残念でしたが、
その日、お腹いっぱい食べて今年のラストにするより、
1箱を一週間程度味わって、余韻を残せて良かった、と思うことにしました。

高速に乗って、福島を出るくらいまでは覚えていましたが、
またもや眠ってしまい、「暑い!」と思って起きると、
栃木に入っていて、山越えをしたせいで、
びっくりするぐらいの快晴になっていました。

途中、2ヶ所、サービスエリアによって、
モモのソフトクリームと、宇都宮餃子を、それぞれ食べました。
栃木といえば、レモン牛乳ということで、飲んでみたけれど、
あまり体によくないような、甘ったるい味がして、
私は全く好きになれませんでした。

休憩も挟んだので、夕方6時頃、自宅に到着。
寒さに悩まされた旅でしたが、それ以外は、美味しい牛肉も食べたし、
なにより、今年の猛暑のおかげで、“寿命”が長かったモモを、
おいしいもので締めにできたのが、とても良かったです。

「参考になった!」というかた、どうかポチッとお願いします↓
人気人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングFC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:旅行、旅、ドライブ - ジャンル:旅行

旅行にまつわるエトセトラ。 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Life will be never the same. | HOME | 山形・福島への旅(その3)>>

この記事のコメント

地方によっていろんな風習があって、おもしろいね。
私はずーっと北海道にいたから、なおさら興味深いわ。
そして海外にいると、日本旅行がしたくなるもんで、、、。帰ったらまだ行ったことのない日本のどこかを旅行しようかな~。
2010-10-19 Tue 21:45 | URL | SAE #/2CD/BNk[ 編集]
いつもコメント、ありがとね。
> 地方によっていろんな風習があって、おもしろいね。
そうだねー。
日本では、いまTVで、「ケンミンショー」という番組があって、
食生活メインでほかの地域と違うものを取り上げるというテーマのものがあるんだよ。

その土地では、至極当然だと思われている、不思議な風習を、
「○○というのは、ココだけなんですよ」というと、
みんなたいてい「ウソだぁー、ありえない!!」っていうリアクションをするのね。

TVでそういうの見てるから、東北って、もっと“濃い”のかと思ったけど、やっぱり観光地は、
そうでもないみたいだね。

SAEちゃんは、帰国したら、日本一周でもしてみたら。どう?
2010-10-21 Thu 09:01 | URL | Azalea #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。