Azaleaのゆるーいお話

お気楽主婦のお気楽な日々の日記。セレブではないけど、日々つつましく、時に大胆にすごす人生の一部分をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Season's greetings

今、仕事をしていないせいか、今年はどうも「年末に対する実感」というものがわかなかった。
年賀状の準備もしているし、お歳暮のお返しをしなきゃいけなかったし、
今週に入ってからちゃんとクリスマスリースも飾ったし、
「12月」を感じさせるものが身の回りに全く無いわけではないのに、実感がわかないのは、
きっと、私が出不精なせいだろう。
家に篭っている分には、「師走の忙しさ」を肌で感じる時間が短いので、実感の沸きようがないのだ。

その分、最近は、「日が暮れる時間」だけには、妙に感覚が鋭くなった。
働いていたときは、“冬は仕事が終われば常に真っ暗”だったわけだから、
日暮れの時間なんていうのは、気にしても仕方なかったのだ。
今は、その時間が、実は私の、体内時計リセットの時間だ。
食事を作り始めているときもあるし、通信教育の勉強をしているときも、
テレビを見ているときも、別の家事をしているときもあるが、
ともかく、日暮れあたりの時間が、感覚的に切り替えが必要な時間なのだ。私にとっては。

それで、今年は、「季節行事としての冬至」を、初めてちゃんとやってみた。
そうはいっても、まあ、「かぼちゃを食べてゆず湯に入る」というだけの話だから、
「家中の大掃除をくまなくやります!」とか「おせち料理を全部作ります!」とかいうのよりは
よっぽど簡単だ(まあ、地味だが。)

準備をする中で、「かぼちゃのいとこ煮」なんていう言葉を始めて聞いたりした。
(語源は諸説あるが、“おいおい”“めいめい”に材料を煮ていくからとか。)
ゆずは、夫婦ともに好きな食材なので、お風呂に入れるだけではもったいない、と思い
「ゆず大根」にもしてみた。まあまあおいしかった。

ついでなので、祝日でクリスマスイブイブの昨日は、ローストチキンも挑戦した。
作り損ねた「ゆずマーマレード」をマリネ液に加えたので、若干甘くなってしまったが、
焦げ目がちゃんとついても焦げすぎず、まあまあの出来だった。
うちにはちゃんとしたオーブンが無いので、失敗したらどうしようという不安があったが、
フライパンでも思ったよりだいぶ簡単、そして味のいいものが出来て満足。
今日は平日で夫も遅いので、「当日実施」というイベントの重要なファクターは欠けているが、
まあ、「クリスマスイブおうちディナーごっこ」としては、成功したほうだろう。

あとは、年末の年越しそばと、おせち・・・だけど、
おそばはまだしも、おせちは、
お姑さん直伝のレシピをどれひとつさっぱり覚えていないということで、早くも多難の予感。
年末にウチの親が来るので、厳しい修行にはならないとおもうけど、
新年は、メモ用紙持参で、夫の実家のご挨拶にいこうかな。

そんなマイペースな、年の瀬です。
今年も来年も、健康で過ごせますように。

「参考になった!」というかた、どうかポチッとお願いします↓
人気人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングFC2ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:主婦のつぶやき - ジャンル:結婚・家庭生活

もろもろ。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<混み混みの羽田空港。 | HOME | 本のタイトルの検索に関する、脱線話。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。