FC2ブログ

Azaleaのゆるーいお話

お気楽主婦のお気楽な日々の日記。セレブではないけど、日々つつましく、時に大胆にすごす人生の一部分をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

熊本・宮崎・大分への旅。その3

3月6日の宿は、大分県竹田市久住町の「くじゅうヒルズホテル」。
さほど新しくはありませんでしたが、客室の間取りは広々としていて、
部屋にはエアコンとストーブがあり暖かく、オーナー夫妻ををはじめ、
従業員の方々も、顔を合わせるたびにいろいろ話しかけてくださって、
暖かいおもてなしで、快適に滞在ができました。

一番期待していたのは、ディナー。
メインは豊後牛のステーキでしたが、前菜からデザートまで、
工夫を凝らした、地元の食材メインのオリジナルのメニューは、
お野菜が特に美味しかったです。

前菜
(ホタテやサーモンといった海の幸に、シャキシャキとしたお野菜が良く合ってました)
ヒルズホテル前菜

お肉料理のメイン(豊後牛サーロインのグリル、赤ワインソース)
ヒルズホテル肉料理(メイン)

ここの大分の豊後牛をはじめ、宮崎の高千穂牛、熊本の阿蘇周辺のあか牛など、
近隣には、ブランド牛がたくさんあるようですが、
この日まで、どちらかというと地鶏ばかりを食べていたので、
ステーキには感動しました。まわりの環境も静かで落ち着いていて、
とても贅沢なひとときでした。
(妊娠中でなければ、赤ワインを飲みたかった

部屋に戻って、いったん落ち着いて、お風呂に入りに行ったのですが。
ホテルなのに、お風呂が温泉。これまた嬉しいサプライズでした。

今回訪れたスタイルで多かったのが、「家族風呂」。
日帰り入浴でも普通の温泉のように男女別ではなく、
離れなどを作って、時間で貸しきる温泉です。
高千穂の旅館も、ここ、くじゅうのホテルも、
家族風呂」としてグループごとに貸し切りで使えるタイプでした。
お庭を見ながら、ちょっと熱めの温泉に浸かって体を温める。
山脈のそばの高原で、外は雨が止まずに気温は低かったのですが、
温泉に浸かってから眠れたのが、とてもありがたかったです。

翌日の朝食も、洋食をチョイス。
自家製パンが4種類。かごにあふれそうに入っており、
特にバゲットとイチジクの入ったパンが美味しかったです。
オムレツも半熟のトロトロ具合が絶妙でした。

この日は、最終日で、夕方には飛行機で帰る予定だったので、
朝食後、お部屋のお風呂に入りました。
お部屋まで温泉&ガラス越しに景色が見える豪華なつくりです。
天気予報は曇りで時折日が差す程度でしたが、前日は雨だったので、
景色の見え方がだいぶよくなっていてラッキーでした。

チェックアウトした後、オーナーさんから、
フラワーズヴァレー」を紹介してもらいました。
くじゅうで花が鑑賞できるスポットとしては、
「くじゅう花公園」が有名ですが、雪が解けて冬季閉園が終わったばかりで、
この時期はあまり花が咲いていないのです。
でも、フラワーズヴァレーは温室内のベゴニア園なので、
訪問した3月でも、全く問題ナシ。
午前10時から開園ですが、お店の方は、併設の喫茶の準備をされているところでした。
ふんだんに咲き誇る圧巻のベゴニアは、また次回の日記で、ゆっくりと紹介しますね。

-続く-

「参考になった!」というかた、どうかポチッとお願いします↓
人気人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングFC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:グルメ♪食の記録 - ジャンル:旅行

旅行にまつわるエトセトラ。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<熊本・宮崎・大分への旅。その4 | HOME | 熊本・宮崎・大分への旅。その2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。