Azaleaのゆるーいお話

お気楽主婦のお気楽な日々の日記。セレブではないけど、日々つつましく、時に大胆にすごす人生の一部分をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「食欲の秋」だから・・・イクラのしょうゆ漬けを作った。

うちの近所、車で5分くらいのところに、巨大な魚屋さんがある。
駐車スペースは100台くらい、お店も小規模スーパーくらいはゆうにありそうで、
なにより休日の夕方はいつ行っても混んでいる。

本店は新潟県なので、日本海のお魚が多いが、それ以外の水揚げのものもたくさんある。
特にお刺身を柵で買うのが、安くて美味しくてよい。
そこのお店の最近のチラシに、生鮭と生筋子が目玉商品と書かれてあったので、
連休に行ってみた。
去年の今の時期に、近所のスーパーで、生筋子を売っていて、
イクラしょう油漬けを食べたいなと思ったが、作り方がわからなかったし、
値段もそれなりだったので買わずに見送ったら、あっという間に入荷がなくなってしまい、
結局一度も買えなかった。
あれから一年。雪辱を果たすときが来た(多少、大げさだが)。

連休中にもかかわらず、やっぱり魚屋さんはごった返していたが、目的の生筋子はあった。
小さいもので1パック900円前後。100グラム380円は結構安いと思う。
漬けてから一晩は置かないといけないので、その日の夕飯は別なメニューにして、
お風呂上り、寝る直前に作った。去年、購入を迷った頃に親に作り方を聞いたのだが、
寝る間際の時間帯でも作れるぐらい、手順は簡単

1.ボウルに、人肌前後(40℃)のぬるま湯と塩少々を入れ、
袋のままの筋子をふり洗いして、筋を取る。

ふり洗いをするうちに、袋の皮(?)が縮んで、ぽろぽろとイクラが取れてきます。
ある程度筋がとれたら、つぶれないようにそっとザルに移して、軽く水気を切ります。

2.次に、ボウルに冷水を入れ、イクラの薄皮を洗い流す。
大体取れたら、水分をしっかり切る。

薄皮がクラゲのように浮き、水が濁ってくるので、水が濁らなくなるくらいまで洗い流します。
初回でよく分からなかったので、15回程度水を入れ替えました。
このときイクラがつぶれない程度に、手で水をかき回します。

3.ビン等の容器を用意し、イクラ400gに対して、
しょう油大さじ2、みりん小さじ1、お酒小さじ1を混ぜた液に漬け込む。

つけて半日前後から食べられます。日を追うごとにしょっぱくなるので、
一日以上置いたときは、液を切ってから食べたほうがいいでしょう。

手順はこれだけ。
しょう油漬けの出来上がったものを買ってくると、1000円以上するので、
ずいぶんとリーズナブルだし、たくさん食べられる。
生筋子が手に入ったら、また挑戦したいと思う。

我が家では後日、夫がイクラ丼にしてうれしそうに食べていた。
ちょうどその日、なぜか平日の会社帰りの夫が蒸しタコの刺身を買ってきた。
理由を聞いたところ、
「今日はイクラ丼。ご馳走とは言っても、焼いた鮭とイクラ丼だけじゃ、
さびしいと思って」という。「・・・は?」と私は疑問だった。

確かに、家庭でつくるイクラのしょう油漬けは秋にしか食べられないが、その、
「一極集中的ご馳走」扱いは何だろう?・・・そう思ったのも、私が北海道出身らしいからだった。
もちろん、私にはご馳走という感覚はさらさらなく、焼き鮭といくら以外にも、
煮物や卵焼きなんかも用意していたので、夫の危惧は全く無用だった。
神奈川で生まれ育った夫との地域差も感じられるとは、たかがイクラ、されどイクラだなぁ。


「参考になった!」というかた、どうかポチッとお願いします↓
人気人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングFC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:簡単おいしいレシピ - ジャンル:結婚・家庭生活

もろもろ。 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<パスポートの査証欄。 | HOME | 子どもを連れてはじめての帰省。>>

この記事のコメント

秋ですなぁ。
今年はクマがやせ細ってしまうくらい鮭の量が少ないって聞いたけど、そこそこ流通してるんだね。
イクラ漬けってそんなに簡単に作れるんだ。
俺も作ってみようかなぁ。
2012-10-12 Fri 01:01 | URL | ディック #-[ 編集]
コメントどうも。
> 今年はクマがやせ細ってしまうくらい鮭の量が少ないって聞いたけど、そこそこ流通してるんだね。
そうなの?どっちかというと不漁なのかな。
不漁だったら、札幌で買っても、筋子そのものがあまり安くはないかもね。
でも、関東よりは、流通している期間が長いでしょう、たぶん。
地元で9月下旬から11月上旬が出回る時期みたいだよ。
(それ以外は、ゴムみたいに硬すぎてあまり食用には向かないんだって。)

実質手間がかかるのは洗う時だけだから、ぜひ作ってみて。
買ってくるより、存分に食べられるよ。

2012-10-12 Fri 09:16 | URL | pechemamour #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。