Azaleaのゆるーいお話

お気楽主婦のお気楽な日々の日記。セレブではないけど、日々つつましく、時に大胆にすごす人生の一部分をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

多摩動物公園とウチの1歳8ヶ月児。(中)

多摩動物公園の訪問記、2回目です。
(半月書かずにいたら、息子の「月誕生日」が過ぎてしまったので、タイトル変更しました。)
多摩動物公園には、いくつかのゾーンに分かれていて、
昆虫園、アフリカ園、オーストラリア園、アジア園(とそれ以外)があります。

昆虫は、夫は大好きなようですが、私は大嫌いなので、何も言わずにスルー。
アフリカ園から回りました。アフリカゾウとライオンがメインですね。
今でこそ、「車で回って見るサファリパーク」というのはさほど珍しくないようですが、
「放し飼いのライオンの間を、バスで回って見せる」ということを日本で初めて試みたのが、
この多摩動物公園だということです。
アフリカ園をざっと見て回った後、そのライオンバスに乗りました。
(乗り場は地下にあり、移動は階段のみ。ベビーカーは券売機横のスペースに置く。
バスは入場料とは別料金で、大人1人350円。)

肝心のウチの息子は、目下、乗り物に目がない状態で、
ライオンそのものよりも、バスに乗れることに狂喜していました。
乗車まで20分ほど待ちましたが、バス内では着席できました。
本当に間近でみられました。この迫力です。

ライオンバスから見た至近距離のライオン

乗車時間は10分もないかと思いますが、
ウチの子は暴れずに済んで、我が家的には、まあ良かったです。

バスを降りると、ちょうどお昼近くなったので、持ってきたお弁当を食べました。
多摩動物公園は、食べ物・飲み物持込可なので、多少面倒でも、
(猛暑の日ではない限り)飲食は持参したほうが良いと思います。
冬で空いているほうだとはいえ、テイクアウトができるレストランでも、
お昼時は長蛇の列。できるまで30分待ち、なんて声も聞こえていました。
念のため、レジャーシートも持っていったのですが、それは使わずに済みました。

続いて、コウノトリやワシがいるゾーンを通って(ここは結構アップ&ダウンがきつい)、
オーストラリア園へ。
日本では珍しいエミューを見ても、「パテにしたらおいしそう」という、
きわめて不謹慎な感想しか持たない私。
ともかく、コアラ館を目指して歩きました。
息子はといえば、相当歩きたかったらしく、ベビーカーに乗せると怒るので、
上り坂以外は歩かせました。
肝心のコアラ館に入りましたが、コアラは全部寝ていました。
睡眠時間20時間とも言われる動物なので、寝ているのは仕方ありません。
張り付いて見ている価値はなさそうなので、サッサと出てくると、
息子が、昼間なのに薄暗い館内がなぜか気に入ったようで、
出口から逆走して、出たり入ったりを繰り返していました。
(ウィンドーの中は全く見ていないので、
そこがコアラ館である意味はあまりなかったのですが…。
コアラが寝ているためか、館内が空いていて助かりました。)
ウォンバットやワラビーを見ながら、さらに移動しました。

(次回、最終回に続きます。)

「参考になった!」というかた、どうかポチッとお願いします↓
人気人気ブログランキングへ

FC2ブログランキングFC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:公園&散歩&広場 - ジャンル:育児

もろもろ。 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<多摩動物公園とウチの1歳8ヶ月児。(下) | HOME | 多摩動物公園とウチの1歳7ヶ月児。(上)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。